バイナリーオプションで使えるローソク足の基礎知識

スポンサーリンク

嫌でも目に飛び込んでくるローソク

バイナリーオプションを始めたばかりの頃は、色んな形のローソク足を見て「難しそう〜」と思う方もいるでしょう。

 

実際私がそうでした!笑

 

「なんで1つ1つ形が違うの?」

「こんなの全部勉強できない!」

と思っていたけど、表面上(知識の部分)を覚えるのは凄く簡単です。

 

単純に値動きをローソクという形に表しているだけ(^_^)

 

10〜15分くらいで覚えられると思うので、さっそく見ていきましょう(^^)/

 

 

さっそく色んな形のローソクが・・・難しそう(T ^ T)

 

大丈夫!形に惑わされないでください!笑

 

各部分の名前を覚えてみよう

 

チャートを開くと1分足、5分足、15分足、1時間足と色々ありますが、今回は、5分足で説明していきます

 

ローソクの形は過去の足跡

5分の間に通貨は上がったり下がったり、値が動いているわけです(^_^)

 

17:00(始値)は赤い矢印からスタート、そして5分後の17:05(終値)は青い矢印のところ。

 

始値から終値の部分を、実体(柱)と呼びます。

 

赤い矢印からスタートし青い矢印で終わったので、その部分しか実体(柱)として現れません。

 

ローソク(各部)の名前と照らし合わせながら、1つ1つ理解していきましょう_φ( ̄ー ̄ )

 

実体の上に髪の毛が1本生えています、これがヒゲです。

 

上に生えていると上ヒゲ、下に生えていると下ヒゲと呼びます。

 

ヒゲは、1番ここまで上がったんだよ、1番ここまで下がったんだよ!

ってことを教えてくれる、ローソクの辿った足跡みたいなものです(^_^)

 

今説明した5分足の間で、もっと値動きがあればヒゲはもっと長くなります。

 

※逆に値動きがない時は、ヒゲがでない事もあります。

 

噛み砕きながら少しずつ見ていけば、ローソクも難しくはありません^ ^

 

 

ローソク足のおさらい

 

①のロウソク足

  

②のロウソク足

 

③のロウソク足

 

④のロウソク足

 

ヒゲから読み取れる面白いこと

 

ヒゲが出ていると、引き戻しの力があると言われます。

 

 

それはなぜでしょう?

 

 

上ヒゲがでている場合は一旦上昇したけど、下降したよ!

という見方ができるので、下に引き戻す力があると判断できます。

 

 

逆に下ヒゲがでている場合は一旦下降したけど、上昇したよ!

という見方ができるので、上に引き戻す力があると判断できます。

 

 

そうなれば逆張りトレードをする時の1つの根拠として、ヒゲはとても重要となってきます(^_^)

 

 

またヒゲの長さで、引き戻す力の強弱を見極められれば、更に心強いエントリーが可能かと思います。

 

 

実際トレードする時はヒゲにも注目してみて下さいね。

 

 

※今回は5分足で説明しましたが、5分足には1分足が5本入っています。

 

 

実際エントリーする場合には、5分足だけではなく1分足でより細かな動きを見てみましょう。

 

 

この記事で少しでもローソク足を理解し、トレードに活かしていただければ嬉しいです^ ^

 

 

 

!!ワンクリック応援!!

明日の励みになります(^^)/

ダウンダウンダウンダウンダウンダウンダウンダウンダウンダウンダウンダウンダウン

にほんブログ村 投資ブログへ

スポンサーリンク