勝率を上げる鍵となる、個人的に注意すべきロウソクの動き

今回は私が負けた時のチャートの形を改めて見直し、今後同じミスのないよう気をつけたいと思います(^_^)

 

 

陽線(陰線)が連続で出ているパターン

 

 

陽線(陰線)が連続で出ている場合は、その方向に向かう力が強いので安易にエントリーしないほうがいいですね。

 

連続している途中でシグナルが出ても、ほぼ負け!笑

 

この部分でエントリーをしないだけで、負けをグッと減らすことができます。

 

たとえレジサポラインにタッチしても、少し怖いと感じます∑(゚Д゚)

 

ロウソクがボリンジャーバンドに沿って上昇(下降)しているパターン

 

 

ボリンジャーバンドに沿ってロウソク足が並んでいます。

 

この状態をバンドウォークとも言いますよね。

 

相場に強い上昇や下降のトレンドが発生した場合、バンドウォークが起こりやすい。

 

ボリンジャーバンドの幅もグワッと拡大(エクスパンション)しています。

 

この場合は上がり(下がり)が終わり、どこかで反発するまでエントリーは控えましょう。

 

バンドウォーク中のエントリーは無謀なので逆張り手法の方は、覚えておきたい注意するポイントでもありますね(^_^)

 

トリプルボトム(トリプルトップ)以降は抜けやすいパターン

 

 

こちらはトリプルボトム以降の4回目の挑戦で、見事に下に抜けていきましたね。

 

ダブルトップ・トリプルトップやダブルボトム・トリプルボトムとありますが、4(フォース)は聞いたことがありません。

 

講師の方も4回目は抜ける可能性が高いと言います。

 

これは、参考になる画像なので保存しておりました。

 

更に下降のトレンドも発生しているので、突き抜ける可能性は非常に高いですね(T ^ T)

 

次回のエントリーは気をつけます。

 

同じ下げでも注意すべきパターン

 

危険な下げ【エントリーは要注意】

 

 

こちらは同じ勉強会のメンバーさんのエントリー画像です。

 

黄色の横線・縦線が引いてあるロウソクでエントリー!

 

少し分析してみましょう(^_^)

 

 

 

急激に下降はしていませんが徐々に下り、少し上昇しようとしたけど陽線も小さく下に下がる力が強いと感じます。

 

更にサポートラインを引きましたが、以前反発していた形跡もなかったので少し上昇の可能性は低かったのかなと感じます^^

 

※仮にサポートラインがあっても見送りたいポイントです。

 

 

安全な下げ【結構かたいエントリー】

 

 

もう少しジグザグ【陽線陰線陽線】を繰り返しながら下降し、更に以前反発しているポイントがありサポートラインがシッカリきいていればエントリーしても良いと思います。

 

同じ下げでも落ち方によって(抜けやすい・抜けずに反発しやすい)などの判断ができるので、落ちる時のロウソクの動きを見てみるといいでしょう(^_^)

 

ちなみに逆の上げも同じことが言えるので、ロウソクの上がり方には注意しましょう。

 

絶対にエントリーを控える恐ろしい下降パターン

 

 

こちらは絶対に避けたい急激な下降です。

 

サポートラインも引いていますが、見事に突き抜け!

 

この部分に関しては1回覚えてしまえば、2回目の失敗はあまりないかと思います(^_^)

 

しかしエントリーチャンスが訪れず、モヤモヤしてる時は逆張りではなく、ルール外の順張りなどで狙いたくなる事もあるので注意しましょう。

 

どこに行きたいのか悩むパターン

 

 

こちらは、引いたレジスタンスライン(青線)2本の間で、Lowエントリーをしたいと思っていましたが、ラインを突き抜けエントリーを見送ったパターンです。

 

この部分だけでも、ロウソクの行き場所が少しだけ予想できそうです。

 

 

 

図の中、丸で囲んだ谷がだんだんと浅くなってきています。

 

私がチャートを見ていて、このような動きをする場合は上昇傾向が少し強いと感じます。

 

あと赤矢印のロウソクの下ヒゲがグンっと伸びているので、上昇する可能性は強いですね(^_^)

 

下に行こうとしたけど、上の力が強く引っ張られた跡が、この下ヒゲですね。

 

※もちろん下降する場合もあります。

 

 

 

こちらは5時間後のチャートですが、ジワジワ上昇しています。

 

やはり上に行きたい気持ちがあったようです。

 

お伝えした谷とヒゲの部分で、下降より上昇の方が強めと判断できれば、今後の取引にも活かせると思うので、ぜひ参考にください^ ^