12月の見送りエントリー

スポンサーリンク

12月の見送りは5つ

 

12月4日(火曜日)

通貨

EUR/AUD

 

エントリー時間

2:00分

 

定時間

2:05分

 

結果

Lowエントリー(勝ち)

 

分析メモ

①勝率40%

 

②相場の方向は上向き(個人的)

 

③レジサポライン

 

④2σタッチ

 

⑤ロウソクヒゲ(直近2本確認)

 

本日の高値ラインなので、レジスタンスラインは強めと感じます。

 

直近のロウソクは、出来高の小さい陽線と陰線が出ていました。

 

それぞれ上ヒゲが出ていたので、下降したい気持ちはあるが出来高が小さいので、相場が迷っているようにも見えます。

 

ラインには大きめの陽線を作りタッチ!

 

出来高は十分、ラインにもタッチしたのでチャンスと思いましたが出来高の小ささと、1分足と15分足では陽線連続の上昇傾向なので、少し不安を抱え見送りエントリーにしました。

 

今回のポイントは、直近の上ヒゲの出ているロウソク大陽線を作ってのタッチです。

 

大衆心理を考え次回は、自信のあるエントリーをしていきます(^_^)

 

1分画像

 

5分画像

 

15分画像

 

1時間画像

 

その後のロウソクの動き(5分足)

 

 

12月5日(水曜日)

通貨

EUR/AUD

 

エントリー時間

14:10分

 

判定時間

14:15分

 

結果

Hihgエントリー(勝ち)

 

分析メモ

①勝率100%

 

②相場の方向は上向き(個人的)

 

③レジサポライン

 

④2σタッチ

 

⑤ロウソクヒゲ(直近1本確認)

 

レンジ相場の中腹でラインを引きましたが、以前に2箇所反発しており意識されているラインだと感じました。

※2箇所の反発の中でも初めの反発は下ヒゲも長く、そこから強めの上昇をしていたので強いと思いました。

 

直近の2本のロウソクは1本目・大陽線を作り、2本目・下ヒゲの長い陰線を作り、次のロウソクでガックと下がりラインにタッチしました。

 

1分と5分で見た場合、下降気味ではありますがライン・相場観・直近のロウソク(5分)の動きを見ると悪くないポイントだと感じます。

 

狙っていたポイントでシッカリ反発したので、この反発根拠をもう少し細かく分析します(^_^)

 

1分画像

 

5分画像

 

15分画像

 

1時間画像

 

その後のロウソクの動き(5分足)

 

 

12月6日(木曜日)

通貨

CHF/JPY

 

エントリー時間

22:20分

 

判定時間

22:25分

 

結果

Lowエントリー(勝ち)

 

分析メモ

①勝率44、4%

 

②相場の方向は20時〜上向き(1日で見るとレンジ)

 

③レジサポライン

 

④2σタッチ

 

⑤ロウソクヒゲ(直近1本確認)

 

前回大きく反発しているポイントでレジスタンスラインを引いていたので、ロウソク足の動きがよほど悪くない限り反発の可能性は大と感じました。

 

ただ指標の時間帯でしたので、テクニカルが効かない可能性も十分にあります!

 

出来高の小さい陰線・陽線も交えながら上昇し、エントリーする2本前ロウソクからある程度の出来高を作りラインタッチ!

 

トレーダーの方も引いたレジスタンスラインは意識していると思うので、ラインタッチ前に一気に買いが集中し、ライン部分まで値が上がると売り抜く!

と考えました。

 

なのでエントリー1本前のロウソクが大陽線を作っていると個人的に考えました。

 

1分・15分で見ても上昇傾向ではありますが、連続した陽線や急激な上昇でなければエントリーしても◎なポイントだと思いました(^^)/

 

改めて検証して次回のエントリーに活かします。

 

1分画像

 

5分画像

 

15分画像

 

1時間画像

 

その後のロウソクの動き(5分足)

 

 

12月12日(水曜日)

通貨

CAD/JPY

 

エントリー時間

18:55分

 

判定時間

19:00分

 

結果

Highエントリー(勝ち)

 

分析メモ

①勝率83、3%

 

②相場の方向は下向き

 

③レジサポライン

 

④2σタッチ

 

⑤ロウソクヒゲ(直近1本確認)

 

下降している相場の中で、下げ止まったポイントにサポートラインを引きました。

 

15分足で見ても、ヒゲはラインを抜けているが前日の反発ポイントでもありました。

 

17時頃に下げ止まり、19時頃に引いたラインへの挑戦だったので間隔としても悪くはないと判断しました。

※今後、意識されているラインにどれくらいの間隔でタッチすると良いのかも検証したい。

 

ただラインタッチまでのロウソク足の動きは、エントリー2本前のロウソク(寄せ線)が出ており、次の足で下ヒゲありの陰線・次の足で実態の長い陰線という流れでしたので、下降の力も強いのかな?と感じました。

 

下ヒゲありの陰線なので、上昇への力があるのは安心できる部分ですが、転換点あとの陰線ロウソクだったので少し警戒しました。

 

しかし根拠もある程度揃っていたので、全体的にエントリーしても良いポイントだと判断します(^^)/

 

1分画像

 

5分画像

 

15分画像

 

1時間画像

 

その後のロウソクの動き(5分足)

 

 

12月17日(月曜日)

通貨

GBP/AUD

 

エントリー時間

14:20分

 

判定時間

14:25分

 

結果

Lowエントリー(勝ち)

 

分析メモ

①勝率75%

 

②レンジ(今日1日で見てもレンジ)

 

③レジサポライン

 

④2σタッチ

 

引いたレジスタンスラインは、朝の10時頃に実態で反発しているポイントと15時前にヒゲで反発しているポイントに引いています。

※5分足をメインに引いています

 

1分足で見ても引いたラインは、反発ポイントとして強く意識されているのかな?と感じます。

※1分ロウソクで見てもレンジ相場と判断できるので◎

 

直近のロウソクは下ヒゲが長く、1度下げの力が働いたが上昇の力が強く上に引っ張られた形に思えます。

※2〜3本前のロウソクを見ても上下にヒゲが出ていたので、引っ張りあっている印象。

 

しかし連続した陽線や急な上昇傾向もなく、勝率・相場の方向・2σ・レジサポラインが揃っており、節目時間や指標もなく全体に落ち着いた相場と感じました^ ^

 

1分画像

 

5分画像

 

15分画像

 

1時間画像

 

その後のロウソクの動き(5分足)

 

 

スポンサーリンク