検証エントリー・2月

スポンサーリンク

1000円betで検証

 

2月4日(月曜日)

通貨

GBP/AUD

 

エントリー時間

14:40分

 

判定時間

14:45分

 

結果

High(負け)

 

分析メモ

①勝率100%

 

②相場の方向は上方向(個人的)

 

③2σタッチ

 

5分・15分足で見ると午前10時から、波形が切り上がっているように見えました。

 

なので切り上がるタイミングを見極めてエントリーしたつもりです。

 

勝率はまだ1戦1勝の判断に困る勝率100%(➕0.5点)

 

相場の方向感は上向きと判断しHighエントリー(➕1点)

 

レジサポラインは引けず(➖2点)

 

2σタッチは陰線がグッと伸びてのタッチなので個人的には良いと感じた(1、5点)

 

ヒゲはありませんでしたが、ラインが引けず切り上げのポイントを狙っているのに下ヒゲが無いのは、かなり懸念材料になったと後々感じました(➖1、5点)

 

5分足を見た段階での総合点数は10点満点中➖0、5点!

 

振り返ると、かなり妥協のダメエントリーでした。

 

1分足は陽線・陰線を交えながら下降してきているので波形は良かったと感じます(1、5点)

 

あと2σタッチも根拠として◎(1、5点)

 

最終的に総合しても、あまりよくないエントリー!

 

5分足で見た時に、エントリー直前のロウソクは下ヒゲも付けていなかったので、もう1本伸びる可能性があると判断できれば良かった。

 

※次の足で反発することが非常に多いので、ロウソクの動きを全く読めていないです。

 

特にラインがない場合のエントリーは、細かなところまで見ないと完全に命取り。

 

次回にシッカリ活かします。

 

 

1分画像

 

5分画像

 

15分画像

 

1時間画像

 

その後のロウソクの動き(5分足)

 

2月13日(水曜日)

通貨

GBP/AUD

 

エントリー時間

13:15分:06秒

 

判定時間

13:20分

 

結果

High(負け)

 

分析メモ

①相場の方向は下向き(個人的)

 

②レジサポライン

 

③2σタッチ

 

1時間ローソク足で俯瞰して見ると、急落から下げ止まり強く上昇しているポイントがあったので、そこにサポートラインを引きました。

 

このポイントを抜けると次に意識されているポイントまでは距離があるので、嫌でも下げ止まるだろうと感じました。

 

短期で見ると下げの力が強いけど、1分足・5分足共にある程度ジグザクとした形でラインまで近づいているので、波形は悪くないと感じました。

 

最終的なエントリーは1分足を確認し、グッと下がり次の足で陽線を少し形成したタイミングでエントリー。

 

理由はグッと下がったのは良かったと思いますが、下ヒゲを付けていないので、もう1本陰線が出ると予想。

 

しかし下がらず、少し上がり始めたので目線は上方向なんだと思い込んでしまいました。

 

上がり始めたけど、徐々に下降しギリギリのところで負け。

 

5分00分でエントリーしていれば勝ちでしたが、余計な読みをしてしまったと反省。

 

エントリーしたポイントで負け、次の足で反発するパターンが結構ありますが無理に1分足を読もうとせず、下ヒゲのない陰線が出て次も陰線が出ると予想するなら、思い切って10分後判定などで時間を伸ばすのもアリだと感じました。

 

その場にあったエントリーができなかったのは経験不足です。

 

慣れないことをしたけど、勉強になったエントリーだと思い次回に活かします。

 

1分画像

 

5分画像

 

15分画像

 

1時間画像

 

その後のロウソクの動き(5分足)

 

 

スポンサーリンク