バイナリーオプション(3月エントリー)

スポンサーリンク

バイナリーオプションを勉強して7ヶ月目

 

3月13日(水曜日)

通貨

CHF/JPY

 

エントリー時間

1:31分

 

判定時間

1:40分

 

結果

Low(負け)

 

分析メモ

①相場の方向は上向き(個人的)

 

②レジサポライン

 

③2σタッチ

 

今回は本日の11時頃に上げ止まり強く反発しているポイントに、レジスタンスラインを引きました。

 

ただ波形を見ても上昇傾向が強い。

 

5分足で見ても上げに対して下げの力が弱い、またエントリー前もタラタラと連続陽線を形成しています。

 

1分足も上げ下げ(ジグザグ)をしていない。

 

15分足に限っては、上昇角度があまりにも強い。

 

またCAD/JPYの通貨も似たようなポイントでラインを引いて抜けていたので、同じ波形をしているCHF/JPYも危ないと予兆していた。

 

ボリンジャーバンドは広がっていないが、上昇途中からローソクがボリンジャーバンドに張り付いているようにも感じます。

 

これだけの懸念点がありながらエントリーしてしまったので、相場に真剣に取り組めていない!

 

更に3月に入って1回もエントリーをしていなかったので、完全に焦っていたと感じます。

 

今月から3千円betですが、このヌルい姿勢でバイナリーをやっても勝てません。

 

明日からチェックシートを作成し、体が慣れるまでエントリーする前には、1つ1つ根拠をチェックシートに記入します。

 

あと夜中に負けるなら、12時以降は一旦エントリーを控えます(^_^)

 

前園先生が言っていた、引いたライン到着までの波形は凄く重要だと再認識しました。

 

 

1分画像

 

5分画像

 

15分画像

 

1時間画像

 

その後のロウソクの動き(5分足)

 

3月16日(土曜日)

通貨

GBP/USD

 

エントリー時間

0:48分:47秒

 

判定時間

0:55分

 

結果

Low(勝ち)

 

分析メモ

①相場の方向はレンジ(個人的)

 

②レジサポライン

 

③2σタッチ

 

今回は前日の22時・1時・4時にヒゲで反発しているポイントにレジスタンスラインを引きました。

 

ただ22時・1時・4時のヒゲは若干長さにバラつきがあったので、ラインを2本引きゾーンとして待ち構えていました。

 

相場の方向感は、5分(俯瞰して確認)と15分足で見るとレンジと判断します。

 

1分足の波形は個人的に綺麗だと感じます。

 

5分足で見た時、全体の波形はもう少し買いと売り(ローソクがジグザク)がシッカリ出ていれば良かったと思いました。

 

前日の朝方7時からタラタラとした動きが続き、ようやくロンドンのマーケットオープンから取引量が増え、出来高もハッキリしてきたと感じます。

 

ラインタッチまでは、陽線と陰線を交えながらの動き!

 

グッと陽線を伸ばしラインにタッチしたのも、個人的には良かったです。

 

ここで出来高の少ない陽線がチョコチョコ出てのラインタッチだと、見送っていた可能性もあります。

 

ある程度力強く伸ばしたローソクで触った方が良いとウェビナーでもお話があったので、自分の引いたラインが深く反発に期待できれば1つの根拠として見ても良いと感じます。

 

あと2σタッチはおまけ程度の根拠として、もう少し直近のローソクの動きを読む(パターンを見つける)こともチャートを見ながら学んでいきたいです。

 

今回の相場感は短期間(8時間分)で見ると上昇傾向と判断することもできるので、ハイエントリーが有効と判断するのもアリだと思います。

 

また前回の反発から結構感覚が空いてしまうと、意識されているか迷う時があるので、その時こそ直近の動きと波形をシッカリ見ていこうと思います。

 

 

1分画像

 

5分画像

 

15分画像

 

1時間画像

 

その後のロウソクの動き(5分足)

 

3月19日(水曜日)

通貨

CHF/JPY

 

エントリー時間

21:40分:36秒

 

判定時間

21:50分

 

結果

Low(負け)

 

分析メモ

①相場の方向はレンジ(個人的)

 

②レジサポライン

 

③2σタッチ

 

5分足ローソクで見て、当日の朝5時に反発しているポイントにレジスタンスラインを引きました。

 

5分、15分足で見ても全体的に中腹のポイントだと判断します。

 

15分で見て前日の高値(赤いライン)から下降し、一旦下げ止まったポイント(実体ではあるがサポートラインだった部分が、今回引いたレジスタンスラインに重なっていたので、少しの根拠プラスと考えました)

 

方向感も個人的にレンジと判断し、ラインタッチまでの波形が悪くなければエントリーに問題はないと思いましたが、引いたライン前で一旦下げて、また少し上昇し、また少し下げる!

 

この動きを見た時に、引いたライン少し下の上ヒゲが4本出ているポイントで、反発していることが分かりました。

 

切り上がってもいて、上昇への挑戦感覚もドンドン狭くなってきているので、少し怖いな〜と思いながらも引いたラインでも一旦落とすと考えエントリー!

 

 

1分足の見方は、ラインタッチ→次の足でラインを割って下げ→次の足で上昇、このパターンに当てはまりました。

※メンバーさんのテクニックを参考

 

調子よく下がっていたけど、最後の3秒前でまさかの上昇!

そのまま突き抜け3pips差で負けました。

 

勝っていたとしても、このポイントで入るのは負けと一緒だと反省です∑(゚Д゚)

 

途中で落とさずそのまま引いたラインにタッチすれば個人的に理想でしたが、前回と同じくライン前で下げ上げの動きを繰り返していたので、危険と判断できれば回避できていたエントリーだと感じます。

 

あとタッチ前の陽線も大きく、ここからも上昇傾向の強さを見ることができたかもです!

 

トータルして甘いエントリーとなったので、このパターンを覚え次回のエントリーに活かします(^^)/

 

 

1分画像

 

5分画像

 

15分画像

 

1時間画像

 

その後のロウソクの動き(5分足)

スポンサーリンク