下降を支えていたラインが上昇を支えるラインに転換

スポンサーリンク

バイナリー、5月の5回目エントリー

 

5月30日(木曜日)

通貨

GBP/AUD

 

エントリー時間

17:53分

 

判定時間

18:00分

 

結果

Low(勝ち)

 

分析メモ

①相場の方向はレンジ(個人的)

 

②レジサポライン

 

③2σタッチ

 

前日の安値にラインを引き、そこが本日の15時頃に意識されレジスタンスラインに変換してると確認しエントリーしました。

 

結果は綺麗にてっぺんでエントリーでき、気持ちよく下がっていきました。

 

強いサポートラインなどは、抜けると次はレジスタンスラインとして有効となる相場が多いので、この前日の安値も同じ考え方ができます。

 

また前日の高値・安値は普段引いているラインより抜けると意識されるかも?という新しい発見がありました。

 

次回から意識して見てみたいと思います。

 

ここでの自分なりのルールは一旦抜けて、1回目のタッチで反発する強さを見ます。

 

以前強かったラインでも、そこだけを頼りにエントリーするのは少し怖い!

 

そこでの反発の強さだったり、2回目タッチする時の波形は当然ながら気にしています。

 

今回の2回目タッチまでの間隔や波形は個人的に問題ありませんでした。

 

波形に関しては、1分足・5分足ローソク共に◎です。

 

あとはライン付近での1分足ローソクの動きも見れるよう、勝った1分足ローソク画像を見比べ共通点がないか確認したいと思います。

 

また全体的に見ても、相場の方向感は下のなのでLowエントリーは有効だと感じます。

 

3回目の挑戦は上に抜けていきましたが、間隔と反発具合とタッチするまでの波形が良ければ3回目までは狙っていきたいポイントです。

 

それ以上はトリプルトップ(3つの山を形成)した後は抜ける可能性が強くなるので見送りです_φ( ̄ー ̄ )

 

1分画像

 

5分画像

 

15分画像

 

1時間画像

 

その後のロウソクの動き(5分足)

 

 
スポンサーリンク