5分足ローソクで分からないことは1分足が証明してくれる

スポンサーリンク

バイナリー、6月の6回目エントリー

 

6月19日(水曜日)

通貨

CHF/JPY

 

エントリー時間

23:59分

 

判定時間

0:05分

 

結果

Low(勝ち)

 

分析メモ

①相場の方向は上昇(個人的)

 

②レジサポライン

 

③2σタッチ

 

15分足ローソク画面を見ると、一箇所だけ明確な山があり、その山で反発し大きく下降していると感じたので、そのポイントにレジスタンスラインを引きました。

 

1時間足ローソクで見た方が、意識されているな〜と改めて分かります。

 

ラインに到達するまでの波形は、少し上昇が強いイメージ!

 

16時のイギリス(ロンドン)のマーケットが開き、取引量が一気に増えたように思えます。

 

5分、15分足で見ると上げの力に少し恐怖も感じますが、1分足を見るとそうでもありません。

 

目線は上昇ながらもシッカリと陽線・陰線を交えながらジグザグと上昇していると感じます。

 

5分足で見えない部分が1分足で確認できるので、チャートに慣れてくると足を切り替えながら色々分析できると面白いですね_φ( ̄ー ̄ )

 

主体の通貨が強く動いていたわけでもないので、そこも安心できるポイントの1つでした。

※取り引きするCHF/JPYの、CHFかJPYどちらか片方が強く動いていると怖いです。

 

ラインタッチ前には1分足ローソクを確認しますが、ラインの触り方がグッグッグというイメージ!笑

 

ラインにはこれくらい強く触ってくれた方が、個人的に良いです(^_^)

 

モゾモゾしたり、ライン付近でもみ合っているとエントリーを控えていたかもしれません。

 

このパターンに何度もやられました∑(゚Д゚)

 

結果は反発し、次の日チャートを見ると、また同じレジスタンスラインで反発していたので、やはり意識されていたポイントだと感じました。

 

1分画像

 

5分画像

 

15分画像

 

1時間画像

 

その後のロウソクの動き(5分足)

スポンサーリンク