冷静に見れていた部分と見れなかった部分の半々エントリー

スポンサーリンク

 

12月5日(木曜日)

 

分析メモ

ラインを引いた根拠としては、15分足で見た時に以前レジスタンスやサポートラインとして意識されておりました。

 

しかしそこまで強い反発ではなかったので、「多少過去にも意識されている程度」という感覚です。

 

5分足で見ても全体の中腹で引いているので、ラインの強さ的にはスコアリングすると1点

 

引いたラインまでの波形を見ると、下げに対して上げが弱い印象。

 

もう少し陽線・陰線を交えながらジグザグとした波形を形成して欲しかった。

 

その中でも2Σにグッと突き刺さった時に反発している動きは個人的に◎

ラインタッチの時も、この動きをしてくれると反発根拠は少し高くなると感じました。

 

最後は1分足に切り替えエントリータイミングを見ておりましたが、ラインが強くないだけに下げ止まりを確認しようとタッチしても2〜3本は様子を見ていました。

 

陰線→陽線→陰線とライン上で揉み合い4本目で十字ローソクで「下げ終わりと判断」、このタイミングでエントリーしました。

 

結果は勝ったけど、5分で見るとラインを触った次足でエントリーする流れとなり、22時のニューヨークマーケットもあったので、見送ってもいい取り引きだったと思いました。

 

今回この取り引きを振り返ると、妥協した部分が見えてきたので、まだまだ修行不足。

 

1分足を冷静に見れたのは良かったので、この冷静さを他のラインや波形を見る時にも活かして良い取り引きを心がけます。

 

通貨

USD/JPY

 

エントリー時間

21:53分

 

判定時間

22:00分

 

結果

High(勝ち)

 

 

1分画像

 

5分画像

 

15分画像

 

1時間画像

 

スポンサーリンク