桑原正守が教える、人生を変えられる3%の人間になる方法とは

スポンサーリンク

桑原正守の本から吸収する

 

この本を読んで勉強しようとしないで!

 

お〜いきなり勉強しちゃダメという強烈なフレーズ∑(゚Д゚)

 

これはプログラム営業において世界一となった桑原正守さんが出している、世界一「売れる」本📕というタイトルの本に書いていました。

 

この本は、私にとって集客に対しての考え方をガラリと変え、自分磨きの重要性を教えてくれた1冊だったので少しだけ紹介します。

 

読み始めの文章

 

テストの成績は勉強することによって上がるけど、営業成績や会社の業績は勉強しただけでは上がらない。

 

学生の頃から常に「正解や答え」をを求められ、社会や人間関係といった現場にも答えがあると勘違いしている。

 

どうやったら契約がとれますか?

絶対に契約が取れるトーク術を教えてください。

 

残念ながら誰にでも効く魔法の言葉は存在しない

 

ん〜まだ序盤なのに、個人的に凄く惹き込まれる!笑

 

人を絶対に惹きつける言葉、絶対にお願いを聞いてくれる言葉があれば苦労はないです(T ^ T)

 

同じ言葉でも人によって「嬉しいと思う人」、「嫌がる人」など色んなパターンが存在します。

 

私はLINEで😁←この絵文字をよく使いますが、人によっては「全く何を考えているか分からない、どういう気持ちで使ってるの?、マジで嫌」と言う人もいるらしいです!笑

場面にもよるが、人によって受け取る印象が全く違うということ。

 

またアフェリエイトをやっていると、それを強く痛感します。

 

Aさんで上手くいったから、Bさんにも同じパターンで切り込もうとしても人が違うので、上手くいかないことが多い。

 

なんとなく反応が良い言葉はあるが、それに味をしめ同じことを繰り返していると、いつの間にか自分がテンプレート人間になってしまう∑(゚Д゚)

 

結局それって成長もなければ、結果としても現れないし上手くいっても長続きしない。

 

桑原正守の教え

 

○○が正解と決めつけず色んなパターンを用意しておく。

 

本やセミナーから学ぶことも大事だが、実際の現場に出て生々しい体験を積むことが重要。

 

↓世の中にはこんな人たちが溢れている

 

・「機転の利かない高学歴」

・「語れるけど動けない奴」

・「威張ってばかりの怠け者」

・「まじめな弱虫」

・「魂のない素直さ」

・「工夫のない勤勉家」

 

・その場に応じて臨機応変に対応できない頭だけ良い人

・口は達者だけど、全く行動しない人

・態度はデカいが、いざという時に役に立たない

・素直で悪い奴ではないが、人・仕事に対して凄く弱気

・ただ口だけでハイハイしている中身空っぽ人間

・教科書や先生の教えを忠実に守るバカ正直

 

※赤字は自分なりの解釈です

 

言われてみれば、だいたいの人はこの6つの中から1つは当てはまりそう。

 

ちなみに私は「語れるけど動けない奴」に入りそう!笑

 

人には色々言うけど振り返ってみれば、俺もできてない∑(゚Д゚)

な〜てことが多々あります。

 

人は自分を映す鏡、人のふり見て我がふり直せ!

昔の人は良いこと言いますね\\\\٩( ‘ω’ )و ////

 

話が脱線しちゃいましたが、人間関係や働く現場に正解はない。

 

1➕1=2のように式があって答えが決まってる訳ではないということ。

 

そのためにもリアルな現場を体験し、自分なりのパターンを作っていく必要がある!と言ってるような感じが私にはしました。

 

正守さんの言葉に対し個人的な考えを書きましたが、この人の熱い想いはYouTubeや動画で見ると凄く伝わりますd(^_^o)

 

私が記事でダラダラ書くとどうしても「私の言葉」になるので、良さを潰さないために、この辺で終わります。

 

また実際に会うと、エネルギー量がハンパではない‼️

と同じ集客を学ぶ仲間が言っていたので、何となく分かる気がします!笑

 

プログラム販売において世界初の三冠王を2年連続で獲得した桑原正守の本・YouTubeを参考に、ぜひ集客や自分育成に役立ててみてください_φ( ̄ー ̄ )

 

おすすめ無料動画

 

メール登録で見られる特別な無料動画なので、気になる方だけご覧ください。

 

おそらくビジネス・人間関係・私生活の全てに通じる内容だと思います(^_^)

 

桑原正守の特別動画

 

 

スポンサーリンク