バイナリーオプションを始めたら覚えるべきラインの知識

スポンサーリンク

ラインを引いて意識されてるポイントを見つける

今回の記事では、トレードに必要不可欠な

サポートライン・レジスタンスラインについてアウトプットします(^_^)

 

色んな情報の中で、ラインの引き方は山ほどありますが、バイナリーオプションのプロ講師から直で学んだ内容を、私なりに噛み砕き書いていきますね_φ( ̄ー ̄ )

 

まずは私の作ったチャートに、それぞれラインを引いてみたいと思います。

今、何を基準にラインを引いたかと言うとチャートの山と谷に引いただけです。

 

特に難しいことはなく、チャートをパッと見た時の山と谷にラインを引くだけで凄くシンプル。

 

シンプルが故に、難しいのがラインでもあります。

 

最初の頃は、「どこに引くの〜💦、自分の引いたラインは正しいの?」と不安になりますが落ち着いて、まずは1本1本引いてみましょう。

 

ラインを引く目的

1つずつ噛み砕いて理解していけば、とても簡単です(^_^)

 

そもそも私たちが見ているチャートは、FXのチャートなんだ!ということです。

 

そしてチャートを動かしているのが、FXトレーダーと言われる人たち。

しかも世界中の!笑

 

 

余談ですが1pips動かすのに、だいたい数億かかると言われています。

 

1pips=1銭→1銭は0.01円

要は0.01円を動かすのに、億という大金がかかるみたいですね(^ω^)

 

個人が相場を操るのは無理と言われていますが納得がいきます。

 

ポイントは、直近の高値と安値を意識して取引をしているFXトレーダーもいるということ!

 

ここから私達も、何億円も動かすFXトレーダーになったつもりで考えみましょう(^^)/

FXの仕組みは安い時に買って高い時に売り、この差額で利益を出す。

 

例えば1ドル90円の時にドルを買って、1ドル100円の時に売れば10円の儲け

 

皆さんも一番安い時に買って、一番高い時に売りたいと思いはずです( ´ ▽ ` )

 

FXトレーダーの皆さんも当然同じ事を考えているわけです。

 

となれば1番安く買えそうなポイントと、1番高く売れそうなポイント探しをしたいわけです。

 

そのポイントに引くのが、レジスタンスライン・サポートライン

 

ただラインは人によって引き方もバラバラ∑(゚Д゚)

 

引いたラインが本当に有効なのか、自分自身で検証する必要があります。

 

図を使って細かく説明

 

今はチャート全体を見ているので、山と谷が分かりやすいと思います。

 

仮にチャートが現在この丸の位置にいる場合、この丸の部分だけを見ても上がるか下がるか分かりません。

 

では、どのように見れば上げ下げの予想ができるのか?

先ほどのように、部分的に見るのではなく全体を見る。

 

5分足で見るのも良いですが、もう少し全体的(俯瞰的)に見たいので15分足で見るのが、おすすめです(^_^)

 

全体を見ると山谷が見えるので、ここからサポートライン・レジスタンスラインを使っていきます。

 

チャート全体を見て、直近の1番高いところ直近の1番安いところに線を引く。

 

先ほど、FXトレーダーの中には直近の高値と安値を意識している人もいる!と言いました。

 

この引いたラインに近づくと、トレーダーの中には「買い時だー」、「売りだきだー」と思う人もいるわけです。

 

私もFXトレーダーなら同じ気持ちになります(^_^)

 

一番安くで買いたいから直近の安値に近づくと「ここが買い時」と思い、買いを入れるわけです。

 

そして買ったモノを1番高くで売りたいから直近の高値に近づくと「ここが売り時」と思い、売りを入れます。

 

予想を立て目安として引くのが、サポートラインとレジスタンスラインなので、ここを極めるだけでも勝率は大きく上がります。

 

この部分はFXトレーダが意識していそうなポイントなので、「これ以上は上がらず、下がると予想している人が多い」と判断しLowエントリーでスタンバイします。

 

バイナリーオプションを逆張りでやられている方は、こういうポイントを見極めエントリーしていきます_φ( ̄ー ̄ )

 

先ほどは直近の高値で説明をしましたが、直近の安値の時も同じ考えです。

 

同じくFXトレーダが意識をしていそうなポイントなので、「これ以上は下がらず、上がると予想している人が多い」と判断しHighエントリーでスタンバイします。

 

逆張りかつ反発するポイントを狙うのは、バイナリーオプションのみそでもあります(^_^)

 

そのためには、レジサポラインを勉強しチャートの中で活かせる練習をしていくわけです。

 

今回の記事はあくまで基礎の基礎なので、スタートしたての初心者さんに少しでも伝われば嬉しいです。

 

ライン1つとっても、引き方が沢山あるので目移りしますが、大事なのは教えられた内容を自分自身でシッカリと試す。

 

どこが効いて、どこが効きにくいかは周りからどれだけ教わっても、実際のエントリーには使えません。

 

野球で例えると、イチローにバットの振り方を教わっただけど、初心者がヒットを打てるか?という話です。

聞いたことはひたすら反復し、自分の形にしないと全く成長もしないので、この部分は修行だと思って頑張っていきましょう\\\\٩( ‘ω’ )و ////

 

 

!!ワンクリック応援!!

明日の励みになります(^^)/

ダウンダウンダウンダウンダウンダウンダウンダウンダウンダウンダウンダウンダウン

にほんブログ村 投資ブログへ

スポンサーリンク