バイナリーオプション初心者が負けを減らせる通貨の選び方

スポンサーリンク

通貨同士の強さを比べてみよう

バイナリーオプションを始めたけど、どの通貨を選んで取り引きした方がいいのか?

 

もちろん自分が予想する方向に動いてほしいのは、言うまでもありません!笑

レジスタンスラインが明確に引ける通貨

自分の得意な波形・ロウソク足の動き

ツールで取り引きする方は、単純に勝率が高い通貨・またはツールのサインにお任せ

 

引いたラインやロウソク足も大事ですが、それぞれの通貨ペアを見るだけで読み取れるモノがあるので、さっそくアウトプットしていきましょう(^^)/

 

 

豆知識

 

基本的に通貨ペアの左の部分が主軸通貨となるので、主軸通貨が買われたらチャートは上昇します。

 

 

逆に主軸通貨が売られるとチャートは下降します。

 

 

EUR/JPYを例にすると

左のEUR(ユーロ)が買われるとユーロの価値が上がりチャートは上がっていきます

左のEUR(ユーロ)が売られるとユーロの価値は下がりチャートは下がっていきます

 

 

もう少し詳しく知りたい方は

 

→「バイナリーオプションを始めたら通貨ペアを覚えてみる」の記事を参考にして下さいね(^_^)

 

さて上げ下げの仕組みが理解できた上で、3つの通貨の関係性から何を読み解けるのか?

 

それは・・・

通貨の力強さ

 

1つ1つ確認していきましょう。

EUR/JPYのチャートが上昇していると、EUR(ユーロ)が買われている。

 

すなわちJPY(円)よりEUR(ユーロ)の方が価値がある!という考え方ができます。

 

EUR>JPY

 

JPY(円)よりEUR(ユーロ)の方が強いということなんですね。

EUR/USDのチャートが上昇していると、先ほどと同じでEUR(ユーロ)が買われ価値がある!という考え方。

 

EUR>JPY

 

USD(ドル)よりEUR(ユーロ)の方が強いということですね。

USD/JPYのチャートが上昇していると、USD(ドル)が買われ価値がある!という考え方。

 

USD>JPY

 

JPY(円)よりUSD(ドル)の方が強い。

 

通貨の強さを知ることは非常に大事

 

強さが分かれば、どの通貨ペアで取引した方が有利なのか、だんだんと分かってきますね(^-^)

 

通貨の強さを、仮に数値化してみましょう。

※分かりやすく伝えるために、数字に置き換えているだけです。

 

 

 

バイナリーオプションは、自分がエントリーしたポイントから1ピプスでも上下していれば勝ちとなりますが、ギリギリの取り引きはあまりしたくない!笑

 

今回のEUD/USDUSD/JPYEUR/JPYをツールで取り引きしていた場合、3つの通貨ペアに同時にHighエントリーのシグナルが鳴ったとします。

 

ここで通貨の強さを分かっていれば、○○の通貨ペアで取り引きした方が、上昇する可能性は高いかも〜

という予測ができますねd(^_^o)

 

EUD/USDUSD/JPYEUR/JPYの3つの中では

買いの強いEURいの弱いJPYの通貨ペアでHighエントリーした方が、優位性は高いと思います。

 

もちろん個人的な見方もあるし、相場の状況によっても変わってくるので、通貨の強さもエントリー根拠の1つとして覚えるだけで十分かと(^_^)

 

あまり難しく考えず、自分の分かりやすいモノに置き換えて理解してみましょう(^_^)

 

スポーツの世界でも1番強い選手と2番目に強い選手が戦うより、1番強い選手と3番目に強い選手が戦った方が、どちらが勝つか予想しやすいですよね。

 

通貨も同じで、強い通貨弱い通貨で取引した方が、その先の予想がしやすい。

 

何も分からず、ただツールの指示だけでエントリーしていると、EUD/USDUSD/JPYEUR/JPY、この3つの通貨ペア同時にエントリーチャンスがきた時、迷ってしまいます。

 

「通貨の強さ」が分かるだけで、迷いのないエントリーができて負けを減らせると自然に勝率も上がってきます。

 

今回はEUD/USDUSD/JPYEUR/JPY、を例に説明しましたが、他の通貨でも同じことが言えるので、ぜひ覚えておきましょう(^_^)

 

バイナリーオプションを日々やっていると、自分の得意な通貨や苦手な通貨も出てくるので、今回お話した事も1つの参考までに。

 

相場はどのように動くか分からないので、その場の状況に合わせて取り引きしていきましょう\\\\٩( ‘ω’ )و ////

 

 

!!ワンクリック応援!!

明日の励みになります(^^)/

ダウンダウンダウンダウンダウンダウンダウンダウンダウンダウンダウンダウンダウン

にほんブログ村 投資ブログへ

スポンサーリンク