エントリーするなら、強い通貨を選んで取引しよう

強い通貨を探してみよう

今回の記事はバイナリーオプションで取引する際に、どの通貨ペアを選んだ方がいいのか?

 

シグナルが沢山鳴る通貨?勝率がいい通貨?

 

引いたラインやロウソク足も大事ですが、それぞれの通貨ペアを見るだけで読み取れるモノがあるらしいので、さっそくアウトプットしていきましょう(^^)/

 

 

豆知識

基本的に通貨ペアの左の部分が主軸通貨となるので、主軸通貨が買われたらチャートは上昇じます。

 

 

逆に主軸通貨が売られるとチャートは下降します。

 

 

EUR/JPYを例にすると

左のEUR(ユーロ)が買われるとチャートは上がっていきます

左のEUR(ユーロ)が売られるとチャートは下がっていきます

 

 

もう少し詳しく知りたい方は

 

→「バイナリーオプションを始めたら通貨ペアを覚えてみる」の記事を参考にして下さいね(^_^)

 

さて上げ下げの仕組みが理解できた上で、3つの通貨の関係性から何を読み解けるのか?

 

それは通貨の力の強さ

 

1つ1つ確認していきましょう。

EUR/JPYのチャートを見て上昇していると、EUR(ユーロ)が買われ価値がある!という考え方です。

 

EUR>JPY

 

JPY(円)よりEUR(ユーロ)の方が強いということなんですね。

EUR/USDのチャートを見て上昇していると、先ほどと同じくEUR(ユーロ)が買われ価値がある!という考え方です。

 

EUR>JPY

 

USD(ドル)よりEUR(ユーロ)の方が強いということですね。

USD/JPYのチャートを見て上昇していると、USD(ドル)が買われ価値がある!という考え方です。

 

USD>JPY

 

JPY(円)よりUSD(ドル)の方が強い。

 

図でまとめてみました(^_^)

この強さが分かることが非常に大事

 

強さが分かれば、どの通貨ペアで取引した方が有利なのか、だんだんと分かってきますね(^-^)

 

通貨の強さを、仮に数値化してみましょう。

あくまで上げ幅の強さを分かりやすく伝えるために、数字に置き換えているだけです

バイナリーオプションで取引する場合、エントリーしたポイントより少しでも(1ピプスでも)上がっていれば勝ちなわけですが、ギリギリのせめぎ合いはハッキリ言って心臓に悪いです!笑

 

例えばLowエントリーをしたなら綺麗に反発して、「ここまで下がれば大丈夫だろう!」と安心して見ていたいですよね。

 

なので差のないEUD/USDUSD/JPYで取引するより、差の大きいEUD/JPYで取引した方がいいですよね。

 

あまり難しく考えず、自分の分かりやすいモノに置き換えて理解してみましょう(^_^)

 

スポーツの世界でも1番強い選手と2番目に強い選手が戦うより、1番強い選手と3番目に強い選手が戦った方が、どちらが勝つか予想しやすいですよね。

 

通貨も同じで、勝つなら1番強い通貨1番弱い通貨で取引した方が、可能性高いということです。

 

この関係性を分かっていれば、今はどの通貨同士で取引した方が有利か分かるわけです。

 

説明した通貨の中だとEUR/JPYで取引した方が、賢いですよね。

 

しかし、この関係性が分からずツールの指示だけでエントリーしていると、EUD/USDUSD/JPYEUR/JPY、この3つの通貨ペアにエントリーチャンスがきた時、迷ってしまいます。

 

関係性を分かっていれば自然と、どの通貨ペアが勝ちやすいか分かるので、勝率も上がっていくと思います。

 

今回はEUD/USDUSD/JPYEUR/JPY、を例に説明しましたが、他の通貨でも同じことが言えるので、ぜひ覚えておきましょう(^_^)