投資への考え方と学び方

相場を読む秘密道具?初心者でも使えるインジケーター

初心者を助ける道具

今回の記事では、テクニカル分析の1つ、インジケーターについて話をしていきます(^_^)

 

そもそもテクニカル分析とは

値動きを表すチャートから「相場の流れ」や「投資家の心理」を読み、将来の値動きを予想する分析手法!

テクニカル分析で多く使われるのがインジケーターという道具!

 

相場の流れや動きを数字で表しサポートしてくれるので、初心者には心強い見方です^^

 

ではさっそくインジケーターの紹介です_φ( ̄ー ̄ )

 

主に使われるインジケーター

よく使われている定番インジケーターといえば、ボリンジャーバンド・RSI・ストキャスティクスではないでしょうか_φ( ̄ー ̄ )

 

ボリンジャーバンド

移動平均線(中心線)と、その上下に値動きの幅を示す線を加えた指標のことを言います。

 

ローソクはだいたいボリンジャーバンドの中に収まる!と言われています。

 

多くのトレーダーが使っている「逆張り」の手法に適したインジケーターです。

 

RSI

下落変動と上昇変動の勢いを計測する指標です。

 

RSIが30%以下の時は売られ過ぎ

 

RSIが70%以上の時は買われ過ぎ

 

ストキャスティクス

一定期間の高値と安値を活用して、売られ過ぎ買われ過ぎを判断します。

 

動きの異なる2本の線を表示し、その位置や2本線の交わり方から売買タイミングを判断します。

 

今紹介した、RSI 、ストキャスティクス、ボリンジャーバンドのようなインジケーターは無料でチャートに入れられるので、自分にあったモノを使ってみましょう_φ( ̄ー ̄ )

 

注意ポイント

色んなインジケーターを入れると画面がゴチャゴチャして見る範囲も広くなるので、エントリーの邪魔になることもあります。

まずは1つのインジケーターを入れて、どの場面で有効なのかを試してみるといいですよ(^_^)

 

インジケーターの中でどれがオススメなの?

いっぱいあるけど自分で全て試すのは面倒∑(゚Д゚)

ころ丸
のんち
オススメはボリンジャーバンド!

シンプルにこれ1つでいいんじゃないかな?

沢山入れても結局初心者じゃ使えこなせないし、画面いっぱいの線やらグラフがあると逆に見づらい(><)

 

ボリンジャーバンド

上記の画像で言うとローソク足の周りにある点線がボリンジャーバンドです。

※今回紹介しているチャート画像に1σは入っていません。

さっきボリンジャーバンドの中にローソクがおさまるって言ってたけど、どれくらいの確率でおさまるの?
ころ丸

 

ローソクがおさまる確率

±1σに収まる確率 = 68.26%

±2σに収まる確率 = 95.44%

±3σに収まる確率 = 99.73%

確かにチャート画像を見ると2σや3σに近づいたローソク足は、何となく反発している感じがします( ´ ▽ ` )

 

他の反発根拠も揃い尚且つローソクがボリンジャーバンドにグッと刺さっていると、反発期待値も上がりそうですね。

 

ボリンジャーバンドがなくてもローソク足だけで反発の予兆を見抜ければいいけど、それができれば苦労しません(T ^ T)

 

極めている人はこれが読めるから驚き∑(゚Д゚)

 

更にボリンジャーバンドは、ローソク足の動きによって広がったり収縮したりします。

 

ボリンジャーバンドが収縮している時は、相場が横ばいに動いてる時(どちらに行くか相場が迷っている)

 

又は日本時間で取引量が少なく、動き全体が小さい相場の時!

 

ボリンジャーバンドが広がる時は、相場が大きな上昇や下降をした時によく見られます。

 

広がることをエキスパンションとも言います。

 

のんち
今まで動きが小さく横ばいだった相場が急に下降をはじめた時の画像。

横ばいの時はボリンジャーバンドは収縮しているけど、大きく下降するとグワっとボリンジャーバンドが開いている∑(゚Д゚)

 

今回のように急下降しボリンジャーバンドが広がっている時は、2σ・3σにタッチしても中々反発しません∑(゚Д゚)

 

安易に考えず、状況によっては全く効かないこともあると覚えておきましょう。

 

ボリンジャーバンドの基本を覚えたら、どの場面で有効なのかを自分で検証する_φ( ̄ー ̄ )

 

検証して経験を積むから相場が見れるようになるので、それが危険な相場を見送る判断もにも繋がってきます。

 

個人的に狙いたい相場

のんち
出来高もある程度あり陽線・陰線のバランスがよく、反発根拠の1つ(レジサポライン)もある中での2σタッチは、個人的に有効だと思っているよ!

さっきの急落相場と違ってボリンジャーバンドもエクスパンションしていないね♫

同じ2σタッチでも状況が違うと反発期待値も大きく変わってくる^^

 

急落している相場

売り買いのバランスの良い相場

急落している相場とバランスの良い相場を比べてみると、やはり力が一方向に傾いている相場は怖いです。

 

画像の中でもツールの矢印が出ているけど急落しているせいか、全くツールも効いていない∑(゚Д゚)

 

どこまでいって、どこで止まるのかも予測がつかないので、こういう相場は相手にしない方がそさそう!笑

 

良い相場と悪い相場が判断できるようになるには、やはり経験の積み重ね✏️

 

大事なのはローソク足

インジケーターの話をしてきたけど、それらを形成しているのは全てローソク足

 

ローソク足をシッカリ見据えていれば、ボリンジャーバンドなどがなくても、上昇傾向や下降傾向が多少分かってきます^^

のんち
自分は相場が休みの土日は 過去チャートをさかのぼり1本ずつローソク足をチェックしているよ。

過去チャートだから既に形は出来上がってけど、凄く勉強になるからオススメ_φ( ̄ー ̄ )

 

結局全てを理解して未来の相場を100%読むのは不可能ですが、経験や努力で少しでも勝率を上げることはできると思っています。

 

普通に闘うと五分五分で手数料分マイナスになるバイナリーオプションも、6:4で勝ち越せば収益はプラスになるのでこれからも淡々と頑張っていきます☺️👍

 

お互い相場を見る目を養っていきましょう\(^^)/

 

ここまで読んでくれて、ありがとうございます♫

  • この記事を書いた人

のんち

初めまして!沖縄在住のんちです♪家にいながらネットで稼げる方法はないかと調べ物販を知り、現在は物販(無在庫)で会社員程度のお給料を頂いています。せどり全般を勉強しながら短期投資のバイナリーオプション・株や資産運用も少額ながら実践中!このブログでは自分がネットビジネスを始め、学んだこと・オススメできる情報を等身大で発信しています(^^)

-投資への考え方と学び方

© 2021 島人@等身大の実践ブログ Powered by AFFINGER5