ボリンジャーバンドを知る!バイナリーオプション初心者編

スポンサーリンク

バイナリーで稼ぐためテクニカル分析を学ぶ

今回の記事では、バイナリーオプションで収益を上げるために知っておくと得するテクニカル分析の1つ、インジケーターのお話をしていきます(^_^)

 

初心者の頃ってチャートを見ていても、

どこで下がるの?どこで上がのる?

サッパリ分からない。

 

私も最初はちんぷんかん、1年学びようやく自分のトレードスタイルが固まってきたと感じます。

 

テクニカル分析とは、値動きを表すチャートから「相場の流れ」や「投資家さんの心理」を読み、将来の値動きを予想する分析手法ですね(^^)/

 

確かに過去を分析すれば、次は○○で反発するだろう〜と予測はできます。

 

ただそれが身につくまで毎日毎日チャートとにらめっこ(T ^ T)

 

なので最初の頃はテクニカル分析の1つ、インジケーターを使いエントリーのサポートにするのも個人的に良い思います。

 

さっそくサポートしてくれるインジケーターを見てみましょう\\\\٩( ‘ω’ )و ////

 

主に使われるインジケーター

よく耳にするのが

ボリンジャーバンドRSIストキャスティクス

 

ボリンジャーバンド

 

移動平均を表す線(移動平均線)と、その上下に値動きの幅を示す線を加えた指標のことを言います。

 

大半がこのボリンジャーバンドの中に収まる!

というモノです( ´ ▽ ` )

 

移動平均線を離れ、ボリンジャーバンドの2σ、3σにタッチすれば、移動平均線の方へ戻る可能性が高くなると言われており、「逆張り」の手法に適しています。

 

 

RSI

 

下落変動上昇変動のどちらの勢いが強いのか?

これを計測する指標です。

 

RSIが30%以下の時は売られすぎ

 

RSIが70%以上の時は買われすぎと判断できます。

 

 

ストキャスティクス

 

一定期間の高値と安値を活用して、売られ過ぎ!買われ過ぎ!を判断します。

 

動きの異なる2本の線を表示し、その位置や2本線の交わり方から売買タイミングを判断します。

 

とても判断しやすいテクニカル指標として、使われている方も多いのではないでしょうか^ ^

 

 

RSI 、ストキャスティクスボリンジャーバンドのようなインジケーターは無料でチャートに入れられるので、自分にあったモノを使ってみましょう_φ( ̄ー ̄ )

 

※注意※

色んなインジケーターを入れると画面がわちゃわちゃするし、見る部分が増えるのでエントリーの邪魔になることもあります( ´ ▽ ` )

 

まずは1つのインジケーターをしっかりと理解し、どの場面で有効なのか?、分析と経験を積んでいく必要があります。

 

 

定番のボリンジャーバンド

ボリンジャーバンドはローソク足の周りにある点線のことですが、真ん中の線を移動平均線(中心線)と言います。

 

中心線から1σ、2σ、3σ!

※今回紹介しているツールには1σは入っていません

 

 

基本的に1σ、2σ、3σ、にタッチすると反発しやすい。

 

±1σに収まる確率 = 68.26%

 

±2σに収まる確率 = 95.44%

 

±3σに収まる確率 = 99.73%

 

チャート画像を見ると、確かに2σや3σに近づいたローソク足は、反発して中心線に戻ろうとしているのが分かりますね。

 

最初は難しく考えず、少しずつ理解しながら実際チャートを見ていくと良いでしょう(^_^)

 

ボリンジャーバンドは生き物

基本ボリンジャーバンドは、ローソク足の動きによって広がったり収縮したりします。

 

動きによっては注意しなくてはいけない場面も多いので、安易に2σ・3σにタッチしたから下がるよね〜🎵と思っちゃいけません。

 

ボリンジャーバンドが収縮している時は

どちらに行くか迷っている、又は日本時間で取引量が少なく動き全体が小さい時がほとんどではないでしょうか?(^_^)

 

チャートは上がれば下がる、下がれば上がる、横ばいだといつかは上下どちらかに抜けていく。

このような動きがほとんどです_φ( ̄ー ̄ )

 

今回のチャート画像を見ると、横ばいの動きから一気に売りの力が働いた。

 

買いたい人より売りたり人の力が強いんだなーと判断できます。

 

一方向に対しての力が非常に強いと、ボリンジャーバンドも膨れ上がっていきます。

膨れ上がることをエキスパンションとも言う。

 

チャート画像でもお分かりの通り、強い売りの力でボリンジャーバンドがエキスパンションしている時は、2σ・3Σにタッチしていても中々ローソクが反発しません∑(゚Д゚)

 

こういうポイントでツールが上上上・・とシグナルを出して、何も考えずエントリーするとビックリするくらい連敗します。

 

初心者が1番連敗しやすいポイントなのでご注意を

 

私も逆張りエントリーが基本なので、こういう下(上も同じ)に行く力が強い時は、エントリーを見送ります(^_^)

 

ちょっとした余談

 

勢いが強く、どこで止まるか分からない相場は、完全にスルー。

 

こんなのは予想するだけ時間の無駄かと!笑

 

どこかのタイミングで落ち着いて、また横ばいの動きをし始めたら狙ってみるのもアリだと思いますd(^_^o)

 

「勢い」と言っても見方によって「その人の勢い」がそれぞれあるので、なかなか文字では伝えにくい部分ではあります。

 

エントリーを重ね分析を繰り返す事で自分にとっての「危険な勢い」を見つけると良いと思います。

 

止まるタイミング(反発するタイミング)も日々の分析から身につくものなので焦らずに!

 

 

 

波形が横ばい(ジグザグ)して、ボリンジャーバンドも広がっていない時の2σタッチは個人的に有効だと思います。

 

私の好きな形とよく勝てるパターンです!笑

 

あくまで参考までに\\\\٩( ‘ω’ )و ////

 

 
大事な補足

インジケーターは使い方によって凄く便利ですが、それらを形成しているのは全てローソク足

という事を忘れてはいけません。

 

ローソク足の形成をシッカリ見据えていれば、ボリンジャーバンドなどがなくても、上昇傾向や下降傾向が少しずつ分かってきます。

 

その上で、レジスタンスラインと組み合わせると反発期待度がグッと上がります\\\\٩( ‘ω’ )و ////

 

私はチャートがお休みの土日は 過去チャートをさかのぼり1つずつローソク足をチェックしています。

 

パソコンキーのF12を押せば1つずつローソク足を見ていくことができるので、トレーニングとして最適!

 

過去チャートなので既に形は出来上がっていますが、凄く勉強になります_φ( ̄ー ̄ )

 

勉強したことは周りの講師などに聞いて、認識のズレがないか確認しなくてはいけませんが、独学で取り組んでいる方は「頼れる講師」がいないので、ちょっと心配💦

 
 
学ぶ場所にお金をケチると結局上手くいかず、ダラダラ時間だけが過ぎていくので、最短で結果を出すためには塾や学校に参加する事を強くおすすめしますd(^_^o)
 
 

 

豆知識

 

ローソク足が小さくボリンジャーバンドも縮んでいる時は、そこに力が溜まって、上下どちらかに傾いた時、その方向に一気進む傾向があります。

 

こういう場合いくらインジケーターが水準を満たしていたとしても、全く反発しないことも多々あります。

 

ダラダラと小さいローソクが連続で出ている場合は、なかなか反発もしにくいです

このような場合は、上昇・下降トレンドになりやすい傾向があります。

 

頭で分かった後は、「できる」までひたすら反復です_φ( ̄ー ̄ )

 

 

 

!!ワンクリック応援!!

明日の励みになります(^^)/

ダウンダウンダウンダウンダウンダウンダウンダウンダウンダウンダウンダウンダウン

にほんブログ村 投資ブログへ

スポンサーリンク