資産を守って増やす仮想通貨

初心者が仮想通貨に挑戦

こちらのページでは、私が参加しているコミュニティ(Lush Life)で得たICO情報や、「ICO窓口」というサービスについて、最後に自分が利用している取引所やウォレットについて記事にしています(^_^)

※2019年にICO窓口はサービス終了しております。

 

2019年に入り仮想通貨の規制も強くなったのか、ICO情報を共有していた窓口も運営終了となり寂しい限りです∑(゚Д゚)

 

私も仮想通貨についてまだまだ無知ですが、Lush Lifeに参加してからは興味のなかった仮想通貨を学び、現在(2019年5月30日)は2つのICOに参加しております。

 

もちろんICOはリスクの高い投資の1つなので、100%はありませんが個人的にも凄く面白い案件でしたのでアポロンに10万円分・ベルコインに5万円分、投資しています

 

 

 

ちなみに私は、コインゼントラルという取引所にアポロンを保有しています。

 

コインゼントラル(CNZ)の

 

簡単アカウント作成

送金先アドレス確認

実際の送金の説明ページはこちら

 

※2019年7月にはコインゼントラル取引所も終わるので、アポロンは新たなクリプトエンジン取引所に移行しました。

 

 

 

ベルコインはBellWalletで保有しています^ ^

 

安全のお財布、BellWallet・登録手順

 

ベルコインが購入できるBellWood取引所・登録手順

 

現在のベルコインの日本円価格、調べ方

 

 

初めて仮想通貨を持つなら

 

 

仮想通貨をより安全に保有するならハードウォレット(レジャーナノエス)がオススメです。

Lush Lifeでも推奨しており、私も1つ保有しています_φ(・_・

 

日本正規代理店の、株式会社EARTHSHIPのリンクとなります↓

ヤフオクやフリマアプリなどでのご購入は推薦しません

 

 

ハードウォレットの使い方でお困りの方は、私のハードウォレット記事を参考ください(^^)/

 

 

2018年に「ICOの窓口」という仮想通貨を基礎から学べるコミュニティにも参加していたので、なくなったのは残念ですが今後の仮想通貨の動きも気になるので、現在保有しているコインや取引所について、常にこちらのブログでアップしていきます。

 

ここから下の記事は「ICOの窓口」で学んだことを、アウトプットしていますので、仮想通貨に少しでも興味がある人の参考になれば嬉しいです。

 

仮想通貨でよく聞くICOって?

仮想通貨はTV・雑誌・新聞で誰もが耳したことがあると思いますが有名なコインでいえばビットコイン!

 

ビットコイン以外にもイーサリアムやリップルなど種類は山ほどありますが、中には上場前のコインを買って爆発的な値上がりを期待する方も多いはずです。

 

ネットで仮想通貨関連を調べるとよく出てくる言葉、ICO

 

ICOとは(イニシャル・コイン・オファリング新規仮想通貨を公開の略語です。

 

またはプレセールトークンセールクラウドセールとも呼ばれます。

 

企業が資金調達を行う際にネット上で多くの方から資金を集めるクラウドファンディングや新規の株公開(IPO)によく似ています。

 

株などは上場前に情報公開をしてはいけませんが、仮想通貨の場合どこかのコミュニティの中であれば情報を公開・共有できる仕組みのようです。

 

となれば将来、爆発的に値上がりするコインの情報を手に入れたいと思いますよね。

ネットで調べるとICOに関する情報が溢れ過ぎて、どのコインに期待を持てばいいのかとっても悩みますね!

 

「このコインを買えば将来は億り人」、「100%上昇する爆上げコイン」・・・ICOブームに乗っかり次々出てくる情報を全て鵜呑みにして資金を投資、結局コインが上がらず身動きが取れない。

 

私の周りの友人にも1人います!(_ _)ガクッ

 

中には詐欺まがいの案件も沢山あるようです。

 

ICOで成功した人よりも、謳い文句で騙され多額の借金をしている人の方が圧倒的に多いんですね。

 

最初からお金だけ集めて逃げる目的の所もあれば、コインは上場したけど会社の資金不足でプロジェクトが継続できず、そのまま終わってしまうケースも少なくはないみたいです。

 

では何を参考にして、どれに投資した方がいいのか?

 

ICOは正しい知識と情報で挑む
ネットに流れる情報にも稀少性の高いモノもあると思いますが、偽の情報が多過ぎて勉強している方々でも見極めるのは難しいと言われています。
 
 
ほとんどの方が目隠しをしたまま当たりくじを手探りしているイメージ!
 
 
こんなことをやっていては資金がいくらあっても追いつかずパンクしてしまいます。
 
 
しかしICOに参加されている人の半数以上は、この流れで資金を失っているのが現実だと聞くと本当に怖いですよね(T ^ T)
 
 
2017年には900件近いICO案件があり、資金調達に成功してプロジョクトがスタートした案件は230件程度だったようです
 
 
25%は上手くいっても75%はスタートできず失敗に終わっているわけですね
 
 
私たちが日々ネットで得られる数少ないICO情報も、この75%に入っている確率は非常に高いことが分かります
 
 
そこで2018年から始まったサービス、仮想通貨(ICO)について正しい知識と情報を得られる「ICOの窓口」を活用する。
 
 
ICOもリスクの高い投資の1つなので100%の保証は絶対にありませんが、ICOの窓口で得られる情報は、ネットやYouTubeなどで発信される内容とは信頼性が全く違うと私は感じています。
 
 
仮想通貨の基本的な部分を学びながら今後期待の持てるICOに参加できるので、私はこの場所で仮想通貨を学んでおります(^^)
 
※2019年にICO窓口はサービス終了しております。
 
 
個人的な感想

 
実際にICOを行う企業のことを調べたり比較検討するには時間も労力もかかるし、普通の人には不向きかと感じます。
 
 
その大きな手間を解決してくれるのが1番のメリット。
 
 
ただ流れてくる情報を貰うのではなく、自分自身も仮想通貨の基本を学び知識を蓄えた状態でICOに参加するので安心できる
 
 
少しの知識とポイントを抑えるだけで今までネットで見ていたICO情報が、どれだけいい加減な内容なのか分かります。
 
 
これからICOに30万、50万、100万円と投資を考えているのであれば、まずは窓口に参加し相談してみるのが安全でしょう。
 
 
参加費がかかりますが闇雲にお金を投資するより、間違いなく適切な情報を掴んだ方が良いので本気で資産を増やしていきたい方におすすめです。
 
 
私(管理人)も2018年は、窓口の情報を参考に凄く助かっています(^_^)
 
 

※ICOをもう少し噛み砕いた別記事を書きましたので、ご参考にどうぞ。

 

→「仮想通貨に1歩近付こう